カテゴリー「HDR」の記事

2010/07/20

都庁展望室に行ってきた

三連休だし、新宿でカラオケすることになったので、ついでに都庁の展望室に上って写真を撮ってきた。

カラオケ前とカラオケ後で、新宿の昼と夜をぱちり。
高いところから下を見ると何だか気分がいいのです!

というわけで以下ずらずら写真を並べますよ。

続きを読む "都庁展望室に行ってきた"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/05/16

東京タワー!

最近、夜景の写真を撮るのが楽しくなってきた。
より正確に言うなら、夜に光っている人工物の写真が楽しい。

というわけで、都民が行かない観光地でもトップクラスに入ると思われる、東京タワーの撮影を敢行!

ついでにHDRで合成してみました。(余計な事すんなという意見は聞かない)

続きを読む "東京タワー!"

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/07/15

ガンダム壁紙

ネタがないので、職場のPC用に作ったガンダム壁紙を。

529531_hdr1

壁紙だし、なるべくCGっぽく見える感じで手を入れまくるのがポイント。

で、こんなのを何枚も作ってデスクトップをとっかえひっかえしてたら、先輩社員に「おまえ本当にお台場のガンダム好きな」とか呆れられてしまった…
でもキニシナイ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/07/02

お台場ガンダム HDR合成で遊んでみるの巻 その2

ブラケットで撮った画がもう1セットあるのでHDR処理してみた。

Hdri01

前回のものより元画像の露出差が大きかったせいか、より派手な画になった。
使用ソフトは前回と同じくenfusegui。ただし、前回はほぼデフォルトだったのに比べて、今回はパラメータを結構いじってある。
うまいことデュアルセンサーが白つぶれしない写真があったので、発光しつつ目の輪郭を失わない顔に仕上がった。なかなかかっこいい!

もう1枚は、前回ちょろっと触れた、同一のRAWデータから露出を変えて現像したデータを、Photomatixという別のソフトで処理したもの。
レジストしてないPhotomatixは、処理画像がある程度の大きさを超えるとウォーターマークが入るので、印刷したいなら買ったほうがいい。
Webに乗っける写真くらいなら、小さくて構わないのでこのままでも(笑)Hdri02

処理前の写真は6/27のエントリで既にアップ済みなので、比べてみて欲しい。
1枚RAWから処理した、なんちゃってHDRIでも、このくらいは補正が効くという例。

しかし、被写体がガンダムなせいか、HDR処理するとCGにしか見えない…
もしくは、特撮したプラモ写真(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/06/30

お台場ガンダム HDR合成で遊んでみるの巻

そういえばカメラ買ったぜー、という記事を書こうと思ってたけど、お台場ガンダムでもう1回引っ張る。

HDR合成ってご存じだろうか。HDRとはハイダイナミックレンジと読む。
簡単に言うと、露出の異なる複数の写真から、1枚の写真を合成する手法のことである。
適正露出の画像で白飛びを起こしている部分は、露出アンダーな画像ではよく見える。反対に、適正露出の画像で黒潰れを起こしている部分は、露出オーバーな画像ではちゃんと写る。
これらの写真それぞれの利点を1枚に収めてしまおうというのがHDR写真。

では、とりあえずやってみよう。
まず、露出の異なる同じ構図の写真を3枚以上用意する。
1枚のRAWデータから露出を変えて現像したものでも使えなくはないが、情報量不足により変な画像が出来上がったりするので、素直にEV±2くらいのオートブラケット撮影で(ニコンのエントリー機など、ブラケット機能が無いものはマニュアルで露出を変えて)撮るといい。

Img01
上の写真は適正露出のもの。
ガンダム自体はそこそこ見えるものの、背景は黒くつぶれ、ガンダムの目も白く飛んでしまっている。

Img02
こちらは露出オーバーのもの。
前の写真では黒くつぶれていた、公園の木々や背後のビルのディティールがわかる。
一方、ガンダムの手足や顔、各部から噴き出したミストなど真っ白に飛んでしまっている。

Img03
こちらは露出アンダーのもの。
発光しているせいで前2枚ではさっぱり分からなかった、ガンダムの目や鼻のあたりのディティールが確認できる。
だが、背景は真っ暗に沈んでいて細部は全く確認できない。

この3枚を、enfusegui というソフトで合成したものがこちら。

Img04
多少不自然なところはあるものの、白飛びと黒潰れをうまくかわし、あたかもダイナミックレンジが拡大したかのような写真が出来上がった。
これがHDR合成である。

今回は、割と自然な画作りで評判の、オープンソースのHDRエンジンであるenfuseguiを使用したけど、市販のPhotomatix等のソフトを使うと、もっと非現実感のあるCGみたいな画が合成できて面白い。(そういう写真は、flicker等で「HDR」で検索すると死ぬほどヒットする)

個人的には、±1くらいのブラケット撮影で撮った画像で、あんまり大げさじゃないHDR写真を作るのが渋いと思うものの、派手なのも嫌いじゃなかったり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)