« SH-03B カメラ機能をためす | トップページ | 1/48ガンダム製作記 その2 カメラアイを光らせてみよう »

2010/03/14

1/48ガンダム製作記 その1 まずは組み立ててみた

1/48スケール メガサイズモデル ガンダム」を買いました!
これは、あのお台場ガンダム仕様のRX-78-2のプラモデルです。しかも、ガンプラ史上最大級の1/48スケール。完成すると、全高375mmというから、たまりません!

せっかくのビッグモデルなので、徹底的にいじり倒したいのはやまやまですが、そもそもガンプラなんて10年以上まともに作ってません。去年の夏に買った1/144のHGガンダムも、素組してスミ入れしておしまいだったし。

というわけで、基本方針を決めようと思います。

・ブランクが長いので無茶な改造はしない。
・エアブラシ持ってないので全塗装はしない。
・とはいえ、鑑賞に耐えるくらいの手は入れる。

こんなところでしょうか。

基本方針を踏まえてキットを検討した結果、導き出された作業内容は以下のとおり。

・ゲート処理はキッチリやる。
・パーティングライン(金型成型時の合わせ目の段差や線)もキッチリ消す。
・パーツ接合部もキッチリ消す。
・グレーやライトブルーなどの部分塗装を施すことで情報量アップを見込む。
・スミ入れもちゃんとやる。
・平手が付いてない、ライフルとサーベルの握り手が共用など、手に不満が残るので可動指をスクラッチする。
・クリアパーツが誘ってるようにしか見えないので、デュアルセンサーにLED電飾を仕込む。

こんなとこかしら。
おおう…。結構大変だ。

では今週はまず、素組してみることにします。

説明書によるとこのキット、どうやら足から組み立てていって、最終的に頭を乗っけて完成、という手順らしい。別にその通りにやる必要はないんだけど、最初に頭を作っちゃうとモチベーション下がるので、足から順に作っていくことにします。

Gundam_01
足で使う分のランナーを集めてみたところ。
難易度的にはHGガンダムと大差ないものの、1枚につき10個くらいしかパーツが付いてないので、ランナー数が多い!

Gundam_02
足の大きさが見えてきたので、1/144ガンダムと比較してみた。
うわ、なにこれ。完成したらどうなっちゃうの…?

Gundam_03
下半身が出来ました。
既にMGガンダムよりでかい。

ここで不満点がひとつ。
これは1/144のHGガンダムもそうだったんだけど、アンクルガードが足首側にあるので不自然かつ可動に干渉します。
これはスネ側に持っていきたいところだけど、手間がかかりそうなので今回は見送り。
いつか、またこのデカイのを買って徹底改造する機会に取っておくことにする!

ここまでで既に5時間。
たぶん、パチ組みだったら1時間もかからないんだろうけど、とにかく巨大なので接合部のライン消しやらゲート処理やらで時間食う…。
それはさておき、上半身に取り掛かります。

Gundam_04
コックピットカバーの下には、コアファイター風のモールドが。
このキットは徹底してモナカキットなので、見えないところのオシャレはここだけ!(笑)
あとは気持ちいいくらいにがらんどうです。

Gundam_05
上半身ができました。
やばい。想像以上のサイズだ…。

Gundam_06
背中はこんな。ランドセルはまだ付いてません。
見て分かるように、リアスカートが動きません。
今回は手を出さないけど、改造するならここは分割して可動にすべきでしょう。
ついでに言うと、膝や肘も90度までしか動かないので、二重関節化して可動範囲を広げると素敵かも。重量がそれなりなので、うまくやらないと保持力が厳しいかもしれないけど…。

ここで一日目は終了。

翌日、気合を入れて残りの工程を片付けていきます。
まずは腕!

Gundam_07
輪ゴムで固定して何してるのかと言うと、接合部を消すために接着剤でべったり貼ってるので、乾くまで固定してるのです。
ちなみにこのキット、最近のガンプラ同様、ただ組み立てるだけなら接着剤は不要です。

接合部の消し方は、接着剤を多めに塗ったパーツ同士をエイヤと張り合わせ、ぎゅっと締め付けた状態で固定。乾いたら、はみ出たところをナイフで削り落とし、ヤスリをかけたら完成です。

こんな感じ。

Gundam_08
作業前。真ん中に接着剤がハミ出た跡がありますね。

Gundam_09
作業後。キレイになりました。

Gundam_10
スネやアンクルガードの部分も同じような処置を施してあります。
これキッチリやらないと、ビッグモデルほど目立つ。

いよいよ頭にかかります。

Gundam_11
デュアルセンサー部分のパーツ構成。
クリアパーツの下に、白いパーツを置いてあるようです。
この白いパーツは無くても固定に問題はないので、LED仕込んで電飾化しやすいといえます。というか、電飾を見込んだ作りとしか思えない…。

Gundam_12
頭完成。
塗装なし、シールなしでここまで色分けされてしまうとは。
最近のガンプラはすごい…。

Gundam_13
というわけで、組みあがりました。
うわー。
やっぱりでかい!
ねんぷちのはちゅねさんが手に乗ってしまうサイズ…!

お台場ガンダムと違って武装しているので、ライフルとシールドがついてます。
Gundam_14
Gundam_15

Gundam_16
最後にアオリで。
お台場でこんなアングルで写真撮ったっけなあ。

しかし、375mmって結構あんのね…。
ミドルタワーと同じくらいの高さ。人間の肘から手の先よりやや足りないくらい。

というわけで、想像以上に巨大なガンダムが出来上がってしまい、内心ガクブルですが…。
頑張ってキッチリ完成させようと思います。
当分遊べそう。ウフフ。

|

« SH-03B カメラ機能をためす | トップページ | 1/48ガンダム製作記 その2 カメラアイを光らせてみよう »

ホビー」カテゴリの記事

コメント

>ハセキン
ファーストのMSというより、このキットの問題かなあ。
PGとか精密すぎていじる余地ないよ…
値段もすごいのでいじる勇気もないかもw

置き場所に困ったらこっそり実家の自分の部屋に飾ってくる…
建て替えてから物が少ないのでちょうどいいかもw

投稿: 当麻令 | 2010/03/16 14:58

ファーストのモビルスーツはシンプルなところがいいよね。
「もう少しいじりたい」欲がそそられる感じで。
しかしいくつも組むと置き場に困るくらいのでかさだよねw;

投稿: 長谷川 | 2010/03/16 12:14

>凪さん
あのデンドロビウム、1/144なのに1mくらいなかったか?w

投稿: 当麻令 | 2010/03/16 01:00

これはまたハンパないでかさダナw
そいや以前バカでかいデンドロビウムがあったナ・・・。

しかし塗装なしでこれか、最近のはほんとすごいのネ。

投稿: 凪 | 2010/03/15 18:17

>senyow
まさしくその通り。
旧キットの1/100νガンダムとか最高だったじゃん。あのノリですよ。
(さすがに初代ガンプラは大変すぎるけど)
プラモなんて趣味のアイテムなんだから、多少大味なくらいのキットがちょうどいいと思う。
富野監督も似たようなこと言ってるし。(http://bandai-hobbyproshop.net/gunpla30th/supporter_tomino2.html)

というわけで、情報量的にはHGくらいのでちょうどいいんだけど、サイズ的にはMGくらいないと作業が大変。バンダイめ、分かってねえ…とずっと思ってたところにコレだよ!
わかってんじゃんバンダイ!

投稿: 当麻令 | 2010/03/14 20:57

はちゅねさんが乗っかってるのが(笑

こんだけモナカだと、いじりやすそうだしいじり甲斐ありそうだなぁ。
最近のMGとかって中まで作りこまれてて、いじるの大変なのよね……。

プロポーションとかはかっこいいね。
背が高すぎず、脚が長すぎず、バランスよくて。

投稿: senyow | 2010/03/14 20:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/47808305

この記事へのトラックバック一覧です: 1/48ガンダム製作記 その1 まずは組み立ててみた:

« SH-03B カメラ機能をためす | トップページ | 1/48ガンダム製作記 その2 カメラアイを光らせてみよう »