« VQ1015つづき | トップページ | VQ1015 改造ファームで撮ってみた »

2010/01/27

体は剣で出来ている

―――オレはね、セイバー。
劇場版アニメになど、ならなければ良かったんだ

…はい、「劇場版Fate/stay night」を観て来ました。
すっごい出オチでいまさらですが、以下、ものすごくネタバレを含みます。
映画館に行くつもりの人は読まない方がいいよ。

いろんな意味で。

んじゃ改行しとこう。












もういいかな。

すううぅ。(←息を吸い込む音)

久しぶりに、大ハズレ引いたーッッッッ!!!

ああ、この裏切られた気持ち。久しく味わっていなかった――――

――世間では
こんなにも
たくさんの映画が
上映されているというのに

どうして

この映画を観てしまったのか――――

いやね。
TVアニメ版みたいに原作を改変してうまくいかなかった、というならまだ分かる。
しかし今回は、TV版の反省を活かして、原作に超忠実に作られていました。

しかし、致命的なまでに尺が足りないッ!!

最初の5分でバーサーカーと遭遇するとこまで行くのはいいんだ。
ああ、いらないトコを切り詰めて、おいしいトコに時間を使うんだな」って、そう思ってた。実際、オープニングはよく出来たMADムービーみたいで、鳥肌もんだったさ。

確かに期待を裏切らないデキだったんだ。そう、このときまでは――

学校でライダーが登場するあたりから、何か違和感を感じ始める。
あれ? なんだろう、この中に入りきれないキモチ。
一度読んで感動した本を、パラパラと早送りしながら再読しているような…

つまり、TV版で叩かれた分、原作に忠実にあろうとして、1000キロバイト以上もある原作テキストを2時間あまりで再現しようとした結果、すべてのエピソードを上っつらだけなぞって掘り下げないという、あまりに残念な結果に終わったわけですよ。

たとえばバーサーカー。
原作では、アインツベルン城におけるギルガメッシュとの戦いにおいて、彼はイリヤを守るため、十二の試練を使い尽くすまで愚直に前進し、ついには届かず倒れてしまいます。
このとき、目を潰されたイリヤにわずかな安心感を与えるためだけに、イリヤの命が尽きるまで意思の力だけで肉体の崩壊を食い止めるという、壮絶にカッコイイ立ち往生ぶりを見せてくれたわけですが。

映画では瞬殺。そして五体満足なイリヤの前で気持ちよく消滅。
あれー!?

たとえばアサシンvsセイバー。
セイバーはアサシンとの最後の戦いにおいて、アサシンの必殺剣であるところのツバメ返しを、一度はその身に備わった「未来予知に近い」と評される直感によってかわします。
それを踏まえて、アサシンは刀を曲げてまで隙を作ることでセイバーを誘い込み、最後は火花散る読み合いで勝負を決するという名シーン。

映画では、ツバメ返しをあっさり見切ったセイバーが返す太刀で切り伏せ圧勝。
えー?

もう、一事が万事そんな感じ。
肝心の、士郎vsアーチャーのシーンだって、戦いの中でアーチャーから士郎へ流れ込んでいくものがあり、そのおかげで士郎の実力は急速に引き上げられて行くが、代償として絶望的な己の未来を見てしまうという、戦いの裏で起こっている重要なイベントが言及なし。(士郎がアーチャーの過去をチラ見しました、的な描写はあるけど)
ここんとこを詳細に描かないと、全てを知った上で、なおアーチャーを否定する士郎と、一瞬でもその姿にまぶしさを覚えてしまったが故に、自分から敗北するアーチャーという構図にはならない。

というわけで、映画では士郎が気合でアーチャーを打ち負かしました、みたいな形になってる。おかしいだろソレ…

なんかもうね、語りだすと眠れなくなるからこの辺にしとくけどね。

久々に、期待を裏切られた映画でしたよ…
B級とわかっていて駄目な映画を見る楽しみと違い、期待していた映画が駄目映画だったときのショックははかり知れないものがあります。
嗚呼、CD付きの限定版パンフレットまで買ってしまったというのに!

とりあえず、「劇場版なのは」でこの傷を癒すことにしよう…
…いや、あっちも駄目な映画だったらどうすればいいの!?
もう怖くて映画館に行けないよママン!

|

« VQ1015つづき | トップページ | VQ1015 改造ファームで撮ってみた »

映画」カテゴリの記事

コメント

>なぎさん
そうか面白いのか。
全部揃うのが楽しみだね。

>ハセキン
どうせならキムタクのヤマトを観にいくくらいの勢いでおねがいします。
きっとこんな感じ↓

古代「エネルギー充填120%! 発射!」
--波動砲命中--
古代「シャッ!」口をとがらせてガッツポーズ

投稿: 当麻令 | 2010/01/28 21:23

こっちも先月観た『宇宙戦艦ヤマト復活篇』もかなりアレだったけど、その後『マクロスF』観て元気を取り戻したよ。もちろん性的な意味で(えー

劇場版Fate、乙でした。
でも大作が控えた今なら……なのはさんとか長門さんなら、きっと何とかしてくれるはず!
えっ?むしろ古泉に期待!?(マテ

投稿: 長谷川 | 2010/01/28 20:22

イイヨ~、化物語。
無論原作は全部もっていますがネ。
限定版はED曲と語りが入ったCDが付いてくるので
チョーおすすめ。
八九寺真宵はアニメでもチョーかわいかったヨ!
忍野メメはチョー予想外なカッコだったヨ!
いいから今すぐ買え!

投稿: 凪 | 2010/01/28 18:15

>さらやん
おま…
ドラ…エボ…
あの映画は2回も観る気になれない…w


>りみやん
「なのは」はホラ、フェイトつながりってことで…

ハガレンFMAは、水島版とノリが違ってちょっとアレだったので、最初の何回かしか観てないや。

水島監督といえば、「はなまる幼稚園」は面白いよね!
いつ殺伐とした水島ワールドに突入するのか目が離せない!(違


>なぎやん
なんだよ、買えよ! DVDいつ出るのかしらないけど!
そして分かち合おうよ、このキモチ(笑)
まあ、絵は綺麗だった。でもだいぶ前の方で見上げる格好だったのと眼鏡だったのとその他イロイロで途中から目が廻ってきたので、作画崩壊してても気付かなかったかもしれない…

化物語は原作は読んだよ。登場人物の掛け合いが面白かった。
アニメはDVDが完結したらまとめて観ようかなーと…。
なんかものすごく売れてるらしいし。去年のDVDセールスは、怪物クラスのエヴァ序に迫る勢いだったとか何とか。

投稿: 当麻令 | 2010/01/27 20:52

あっちゃぁ。
実は結構期待してたんだよネ。
もちろん映画館には仕事上行けないので、DVDで。

買わないワw
原作やって号泣した身としては、そんな箇条書きレベルの
映像に払うお金はナイネ。

なのはってのは知らない(名前だけは知っている)ケド
当たりだとイイネ。

そいや関係ないケド、化物語がおもしろいデス^^
でも刀語はお金ナイから動画で見るつもりデス^^

口直しに観るんならガンダム0083でも観るといいんじゃナイ?

投稿: 凪 | 2010/01/27 18:16

>さらやん
そういう傷口にわさびを塗るような事を言うのは…w

個人的になのはは期待(つかA'sの放送観てなのは好きになった)なので、その癒し方お奨め。個人的にお気に入りだった水樹奈々さんもプロモしてたしね…w

個人的に原作と違う展開って、監督次第でそれはそれで面白いと思う人間だけどね、元を観てない人間が言うべきじゃないかも知れんが。…いや、アニメ独特からの反省>原作忠実が鋼の錬金術師に似てると思って、自分は前者(水島ワールド)が好きだったから言うのだけどね。

投稿: りみ | 2010/01/27 14:36

そういう時はDRAGONBALL EVOLUTION
でも見て、気をとりなお・・・

投稿: さらや | 2010/01/27 12:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/47399969

この記事へのトラックバック一覧です: 体は剣で出来ている:

« VQ1015つづき | トップページ | VQ1015 改造ファームで撮ってみた »