« 破! | トップページ | お台場ガンダム 最終調整 »

2009/07/07

三脚を買った話

久々に新宿へ。
五月の連休に徹夜カラオケで行って以来なので、二か月ぶりくらいですか。
昼間に行ったのはもっと久しぶりかも。

新宿に着いたら、まずはペンタックススクエアに寄ってセンサーのクリーニングをしてもらいました。
いやあ、先週ガンダムの写真撮ったら、同じ場所に影が出来てて気になって…。保証期間中は無料でクリーニングしてくれるし、説明書にも「なるべく自分で掃除するな」って書いてあったし。

さて、カメラを預けてから一時間くらい待たされるらしいので、その間に買い物に。
今回は、ヨドバシで三脚をゲットするのが目的。
いままで使ってた小型三脚は、SLIKの500G-6という小型アルミ三脚で、旅行に持っていったり、コンデジを乗っけて使う分には問題なかったものの、エレベーターを目いっぱい伸ばしても1150mm(エレベーターを下げた状態だと920mm)という背の低さがネック。
ライブビューで使うコンデジならあまり問題ないが、一眼だとファインダーを覗かないといけないので結構つらい。
あと、パイプ径が細いため、軽いのと剛性が低いのとで、ちょっと触るとすぐズレるのもよろしくない。エレベーター伸ばして一眼を乗せるとぐらぐらするし。

というわけで、もうちょい本格的なのを買いに行くことにしました。
超本格的な奴は、エレベーター下げ高で私の身長くらいあり、めいっぱい伸ばした状態だと脚立でハイアングルからの撮影に使えるような世界だったりするけど、そこまでのは必要ないし。
とりあえず一眼レフ初心者向けってことで、手頃な中型三脚を狙う事に。
ちなみに、三脚の材質では、いわゆるアルミ三脚(アルミ・マグネシウム・チタン合金)と、カーボン三脚があるようです。
それぞれのメリットとデメリットを列挙していくと、こんな感じ。
・アルミ三脚のほうが重く、カーボンは軽い。
・カーボンのほうが少し値段が高い。
・アルミは多少粗雑に扱っても大丈夫だけど、カーボンは横方向の圧力がかかると割れることがある。

「軽い三脚は、現場でペットボトル入りの袋でもぶら下げれば重量を増やせるけど、重い三脚を軽くすることは出来ない」という考えもあるようで納得しかけたのですが、その辺に放り出しておいてうっかり踏んで割ってしまうという事態が用意に想像できたので、アルミ三脚から選ぶことにしました。

というわけで、今回の要求スペックはこんな感じ。
・エレベーターを伸ばさない状態で胸くらいの高さ。伸ばせば目の高さになるもの。
・丈夫なアルミ合金のもの。
・耐荷重2kg以上。
・重量2kg以下。
・雲台に水準器がついていること。
・できればクイックシューがついているもの。
・ペラペラでいいので、三脚バッグがついてくるもの。
・有名ブランドが安心てことで、SLIKかVELBONあたりからで。
・予算は\1,5000くらいまで。

この条件でばっちり合った、SLIKの「プロ 200DX III」というのを購入!
伸長はエレベーターを伸ばさない状態で1256mm、全部伸ばして1611mm。高さはクリア。
縮長は596mm。重量は1760g。持ち運びには問題なさそう。
クイックシューも水準器もついてるし、要求仕様はひととおり満たしてますよ。

で、実際に使ってみた感想としては、使い勝手は小型三脚とは雲泥の差。
まず、カメラを三脚に据えた状態でダイヤル回して露出とか変えたりピントリング回したりしても、全然ぐらぐらしない。素晴らしい。
あと、足が長いので、ファインダーを覗くときもちょっと背中を曲げればOK。中腰で頑張らなくていいので疲れない。
難点としては、付属の三脚バッグが、重心を考えないデザインなので持ち運びしにくい。雲台のついてる側が重いのに持ち手は真ん中にきているため、肩から下げると不自然に傾いて疲れるという…。
やっぱり、もっと持ちやすいバッグを買わないと駄目ぽい。

ともあれ、いい買い物をしました。
やっぱり道具は大事よね。

|

« 破! | トップページ | お台場ガンダム 最終調整 »

写真」カテゴリの記事

コメント

3万あったらレンズ買うね、間違いなく!

投稿: 当麻令 | 2009/07/07 20:23

なんかどんどんと
光画部みたいになっていくナw
とりあえず三脚はいいから
3万円貯めとけヨ!!

投稿: 凪 | 2009/07/07 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/45563222

この記事へのトラックバック一覧です: 三脚を買った話:

« 破! | トップページ | お台場ガンダム 最終調整 »