« 歯が痛い | トップページ | 06月02日のココロ日記(BlogPet) »

2009/06/01

虫歯と舌炎

虫歯その後。
応急処置で塞いでもらった当日は夜までシクシクと痛んで辛かったものの、次の日からはあまり痛くなくなってきました。
熱を持ってるような感じも引いてきたので、炎症が治まったのかしらん。(でも、ときどき痛い)

で、歯の痛みが引くにつれて分かってきたのが、舌の痛み。
今回痛い歯は、昔治療したかぶせものが欠けて穴が開いているせい、つまり歯の一部が尖っている状態なわけで、そこが当たっている舌の部位に口内炎みたいな炎症が出来てしまいました。(舌炎と呼ぶらしい)
口内炎なんて、比較的感覚の鈍いほっぺたの内側に出来ても相当痛いのに、舌みたいな神経の塊に出来た日には、それはもう想像を絶する痛さ。
ぶっちゃけ、食事はおろか、動かすと痛いのでまともに喋ることも出来ません。
というか、歯の痛みのピーク時には、歯痛と舌の痛みが渾然一体となって気力体力を根こそぎ奪っていく感じ。
具体的に言うと、物を食べると痛いので、食事はあんまり噛まずに食べられ、口内への刺激も少ない、ゼリーと素麺が中心に(つゆは薄味で)。
集中力も失われているので、本読んだりゲームしたりもしない。音楽も聞かない。夜は11時とかに寝てしまう生活。(ある意味健康的)
歯痛が引いても相変わらず物を食べると痛いので、かなり食生活はひどい状態。あ、ビタミンBのサプリは飲んでました。

そんな感じで過ごしつつ、治療の予約日までまだ1週間もあるのに、歯医者でもらった痛み止め(3回分)が残り1錠になってしまったので、電話して薬だけもらいに行くことにしました。
行ったついでに「舌に出来た口内炎が痛くてたまらんのれす」と滑舌悪い口調で訴えたところ、塗り薬出してくれました。
歯医者で口内炎の薬を出してくれるとは知らなかった…!(保険適用だし)

ちなみにメッチャ効きました、この薬。
わずか二日で痛くないレベル。凄い!

|

« 歯が痛い | トップページ | 06月02日のココロ日記(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

>ハセキン
私もケナログ派だったり。
でも口内炎なんて滅多にならないので、前に出来たときに買った奴は古くなってるので都度買ったり。

で、歯医者で処方してくれたのは、アフタゾロンというケナログと同じようなステロイド製剤でした。
保険が効くので、これに加えて痛み止めを3錠出してもらっても、再診料込みで合計124点(370円)で済んだり。
ケナログは買うと700円くらい?

結論:ひどい口内炎は歯医者に行って焼いてもらうか薬を出してもらったほうが確実に治って安い。

ちなみに、この手のステロイド製剤は、炎症の原因に関わらずガッツリ効くので、余ったら口の端にできた吹き出物とかにもつけて良しって歯医者のおばちゃんが言ってた。
確かに余るのだ…。

投稿: 当麻令 | 2009/06/14 00:00

口内炎は軟膏塗るとだいぶ違うよね。
しかし効果に個人差があるから、愛好家(?)はデスパ派とケナログ派に分かれた気がw
ちなみに私はケナログ派だったり。

投稿: 長谷川 | 2009/06/13 16:10

あいやぁ・・・
辛いのとかしょっぱいのは美味しいのにナw
まぁ治るまでガマンしたまえヨw

投稿: 凪 | 2009/06/01 18:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/45200987

この記事へのトラックバック一覧です: 虫歯と舌炎:

« 歯が痛い | トップページ | 06月02日のココロ日記(BlogPet) »