« 02月25日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | LO検定 »

2009/02/26

Vista高速化計画 (RAMディスク編)

うちのマシンは4GBメモリを積んでます。よくある2GBを2枚とかではなく、1GBを4枚。
32bitOSはメモリを3GBちょいしか管理できないので、はっきり言って無駄です。2年前の自分にツッコミ入れてやりたい。

そんな感じで長らく1GBほど無駄になってたわけだけど、越後帝国の凪氏から「OSの管理外の無駄メモリをRAMディスク化するドライバがあるらしい」とメールで教えてもらったのであります。

俺様大興奮。

…というわけで、早速みつけました。Gavotte RAMDiskというフリーウェア。ここが詳しいので細かい説明は割愛。

すみやかにインストールッ!

09022601_2

Rドライブとして、1GBのRAMディスクが見事にできあがりました。

つっても、所詮RAMディスクなので電源を落としたら中身は消えてなくなります。
おまけにFAT32です。
まあ、消えてなくなる問題は、定期的にRAMディスクを監視して、更新ファイルをHDDにミラーリングする偽シャドウコピー的なスクリプトと、起動時にミラー先からRAMディスクにファイルを書き戻すようなスクリプトを書いてやれば解決っぽいけど。まあ、そんなのは造作もありません。

ともあれ、RAMディスクはHDDにくらべて爆速なので、そのあたりを活かした使い道を考えてやろうと思います。
とはいえ、バックアップとかめんどくさいので、アプリをインストールしたりはあんまりしたくない。
とりあえず思いつくのは、

・IEのキャッシュフォルダを置く
・フォトレタッチの際に編集ファイルを置く
・ページファイルを置いてスワップ領域にする

こんな感じかねえ。
今回は、スワップ領域にすることにします。ディスクスワップ発生時にHDDがガリガリ言わなくなるだけでも、かなり快適なんじゃないかと。
Cドライブの設定を「ページファイル:なし」に変更し、Rドライブに「指定サイズ:756MB-1000MB」で設定。

せっかくなので、今まであんまりチューニングしてなかったVistaさんの設定も、この際だから少しいじくることにします。

・SuperFetchを止める。(アプリケーション用のキャッシュを確保しないよう変更)
・レジストリのIoPageLockLimit(ファイルシステムのキャッシュ)を6MBに拡張。
・レジストリのLargeSystemCacheを1に。(アプリケーション用のキャッシュを解放)

とまあ、今回はこんな感じでメモリ周りのチューニングをちまちまっとやってやった結果!

今まで悩まされていた、謎のスローダウン現象が出なくなりました!
Vista使いなら分かってくれると思うけど、突然砂時計マーク(まあ、ビス子は円がくるくる回るやつだけど)が出たまま、数秒からひどいときは1分以上、うんともすんとも言わなくなる現象。エクスプローラでドライブの中を覗いたりしただけでも起こる怪現象で、待ってるときに停止しているウィンドウをクリックすると全体的に透過ホワイトになり「応答なし」とか出やがってイライラ度MAXハートです。

これが、もう三日も出ていません!
今回施したアレコレのどれが効いたのかわかんないけど、ばんざい。これでもっとマシンを愛せるよ…!

ちなみに、起動後、ガリガリが静かになって安定するまでの時間も格段に短くなりました。
これは結構うれしい。

そういえば、今回は参考にしてないけど、ココでVistaをチューニングしまくってる人がいますた。
メインメモリ256MB・Pentium3-1GHzクラスの古いPCで、ビス子がサクサク動いているらしい。凄すぎる…!

|

« 02月25日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | LO検定 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

SuperFetchっつーのは、よく使うファイルやアプリをメモリに先読みしておく技術らしい。
すると、イザ使うときにHDDじゃなくメモリから読み出すことになるのでレスポンスが早くなるらしい。
実際はキャッシュするためにHDDを常にガリガリやってる上、スワップ時が頻発してパフォーマンスが低下するんだと。

どっちにしろ、Vistaは無駄な機能が多くて困るわ…

投稿: 当麻令 | 2009/03/01 23:56

うお~、効果高くていいなおいw
ちなみに私はメモリもう4GB足して
5GBの領域をRAMディスク化して
パンヤインストールしたら
快適なんだろうなぁなんて思ったけど
パンヤはそこまでする必要がまったくないので
やめましたw
でもめっちゃ速そうね^^

投稿: 凪 | 2009/02/27 18:21

うちのVistaで劇的に効果あったのは、

>SuperFetchを止める。

コレです。
これ、常にレジストリをデフラグして綺麗に保つ、とかそう言う機能じゃなかった出したっけ?
それでいっつもがりがりHDDを読み書きしてたんだと思ってましたよ。

投稿: さらや | 2009/02/27 12:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/44176775

この記事へのトラックバック一覧です: Vista高速化計画 (RAMディスク編):

« 02月25日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | LO検定 »