« エア焼肉 | トップページ | 02月11日のココロ日記(BlogPet) »

2009/02/09

炊飯器でオヤツを作る漢の巻

炊飯器ラヴな同志諸君、待たせたな!

このコーナー、いつも肉とか肉とか肉ばっかりで、たまにはオヤツも食べたい。そう思ったあなた。

実はわたくしも同じ意見です!

というわけで、今回の漢料理は「炊飯器パンケーキ」でいこうと思うんだ。
なんせ手間がかからないからネ。
オーブンを持たない一人暮らし戦士たちにオススメだ。
ちなみに初挑戦なのでちょっと失敗したけどドンマイだ。

林檎とレーズンのパンケーキ

材料:
ホットケーキミックス(200g)
砂糖:60gくらい(好みで増減OK)
牛乳:100ccくらい(適当)
卵:2個
バター(マーガリンでもいい):大さじ2くらい(なくてもいい)
林檎:1/4くらい
レーズン:一掴みくらい

①生地をつくる
ボウルに卵を割り入れて、泡立て器でかき回す。混ざったら牛乳と砂糖を加えてよく混ぜる。
次に、メインのホットケーキミックスを入れてぐるぐる混ぜる。
ホットケーキミックスは少しづつ加えてダマにならんよう注意。混ぜるときはゴムベラ(なかったら大きいスプーン)でのばすようにしてやるとダマになりにくい。
固かったら牛乳を加えてのばすこと。マクドナルドのシェイクくらいの固さになればOK。
最後にレーズンを投入し混ぜたら完了。

②焼く
炊飯器の内側に、サラダ油(分量外)を薄く塗っておく。キャスト抜くときの離型剤と思え。
そこへ躊躇なく①で作った生地を投入。
なお、3合炊きの炊飯器の人は、①で作った生地の半分くらいでやめておかないと、私のように真ん中に火が通らず悲しい思いをします…
生地の真ん中を避けて、円を描くように薄くカットした林檎を突き刺していく。

P1010024_r

蓋をして炊飯ボタンをポチれば、あとは待つだけ。

③完成
炊けましたメロディーが流れたら、焼け具合を確認する。
あれれ、なんか生焼け…
P1010027_r
生っぽかったらら、保温を切ってまた蓋を閉じて炊飯ボタンを押すべし。
うちのは温度センサーが釜の温度を監視しているらしく、釜を外してしばらく冷まさないと二度目の炊飯は出来なかったので注意。
なお、いっぺんにやったら真ん中あたりがいつまでも火が通らなかったので、生のところをフライパンにかき出して普通に焼いてしまった…(そして、それはそれでウマかった)

P1010030_r

こんな感じに焼き上がる。カステラ風でうまそう。

P1010031_r
断面図。レーズンとか林檎とかがチラ見えしてます。
表面近くのよく火が通ってる部分はパウンドケーキ風、中心近くのなんとなく火の通りが悪い部分は蒸しパンみたいな味でした。
釜の性能や大きさで一度に焼く分量を工夫し、全体にキチンと火が通るよう、各自修練を怠らんでおくれ。

ちなみに、性能のいい(頭のいい)炊飯器だと、こういうイレギュラーな使い方は出来ない場合もあるので、何度炊飯ボタンを押してもさっぱり焼けない場合は諦めてフライパンで焼きなされ。

|

« エア焼肉 | トップページ | 02月11日のココロ日記(BlogPet) »

《漢の3分クッキング》」カテゴリの記事

コメント

うんむ、意外においしいのでした。
ココアとか入れてクリーム乗せたりしてもいけると思った。

まあ、敵はカロリーなわけだが…

投稿: 当麻令 | 2009/02/10 20:21

おお~。
かなりおいしそうじゃないか!

まぁ一つ言わせてもらえれば。
フライパンで焼いたらケーキじゃないと思うw

古い炊飯器を探しに行くしかないなw

投稿: 凪 | 2009/02/09 18:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/44004202

この記事へのトラックバック一覧です: 炊飯器でオヤツを作る漢の巻:

« エア焼肉 | トップページ | 02月11日のココロ日記(BlogPet) »