« 衛宮切嗣とトロリー問題 | トップページ | 11月17日のココロ日記(BlogPet) »

2008/11/16

どうなる国籍法改正案審議

国籍法改正案審議入り 不正認知横行の懸念も(Yahoo!ニュース)

このままだと、この法案は通りそうです。
まとめWikiはこちら

この法案のキモは
・外国人女性の生んだ子供に対し、日本人の父親が「俺の子だ」と言えば、DNA鑑定等は無しで日本国籍を与えられるようになる
ということでしょうか。

もちろん、国家に対する忠誠や思想のチェックなどはありません。(外国人が日本人と結婚して帰化する場合などは、当然この辺の条件があります)
しかも、認知後に扶養義務があったりするわけではないので(その辺は別の法律だというのが法務局の見解らしい)、ビジネスとしての不法認知のほか、外国から子供が「売られて」くることも考えられます。

驚くべきは、こういった法案は省庁から法案提出されて、国民のよく知らないうちに可決されてしまうケースが多いということ。
今回は、反対派の麻生総理の留守中に駆け込みで法案成立させようとしているフシも見受けられますし。

こんなのまかり通るようでは、日本の将来は暗いと思う。
まあ、人口は増えるだろうけどさ…

|

« 衛宮切嗣とトロリー問題 | トップページ | 11月17日のココロ日記(BlogPet) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/43127082

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる国籍法改正案審議:

« 衛宮切嗣とトロリー問題 | トップページ | 11月17日のココロ日記(BlogPet) »