« 08月22日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | SNS人気比較 - 世界編 »

2008/08/27

新作PSPソフトのダウンロード販売開始!

(゚∀゚)キター!

ソニーがPSP新作ソフトのダウンロード販売を実施へ、パッケージ版よりも2割以上安価に(GIGAZINE)

新型PSPの発売に合わせて、ソニーがついにやってくれるようです。

PSP-3000は、PSP-2000の最新基盤と同じくパンドラバッテリー対策がなされており、CFWの導入が今のところ不可能という噂。
CFWを導入するの一番の魅力は、UMDをISO化してメモリースティックからブート出来るという点に尽きるわけですが、これが(NDSのマジコン同様)ブートレグの温床となっていたわけです。
とはいえ、ほとんどのCFWユーザーは自分で買ってきたゲームをISO化して、大容量メモリースティックに格納することにより「UMDをたくさん持ち歩かないで済む」「ロードが速くて快適にプレイできる」という点があまりにも素敵なので、CFWが手放せないという人が多いのではないでしょうか。(自分を含めて)

ということで、「CFWが動かないんじゃ新型は興味ないもんね」と思ってた人も、同じことがハックしないで可能になるなら購入を検討してくれるかもしれませんね。

気になるのは、コピー対策をどうするか、ですが。
PSストアで購入ってことは、PSP本体でCPUなどの固有IDからキーをジェネレートしてPSストアにアップロードすることで、イメージファイル自体にロックをかける、などが考えられますが…。

それから、普及のカギはやはり価格。
パッケージの2割引程度の価格でダウンロード販売されるらしいけど、パッケージはほとんどのショップが発売日から1割引は当たり前。もっと言えば、時間がたてば安くなるものがほとんど。
2割引程度では、価格面のアドバンテージは弱いと言わざるを得ない。発売数ヶ月後には、価格が逆転するソフトが大半なのではないでしょうか。
しかも、Amazonなどのオンラインショッピングを使えば、店に行くことなく買えるというメリットは同じ。

一方、ダウンロード販売のソフトは前述の「メモリースティックから起動できる」というメリットがあると考えるべきでしょうが、UMDパッケージを買ったユーザーが不満に思わないとは考えにくい。
ダウンロード専売にすると、今まで関係を作ってきた小売店が反発するだろうということで、パッケージ販売との両立プランが出てきたんでしょうけど…

このようにちょろっと考えただけでも問題山積みな感じです。
ソニーはこの問題をどう解決するのか、詳細情報が楽しみです。

|

« 08月22日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | SNS人気比較 - 世界編 »

PSP」カテゴリの記事

コメント

そういえば、HDDだかマイクロドライブだかを、無理矢理メモステのインターフェースにした怪しい周辺機器があったよね。

その後の急速なメモステ大容量化によって、あっさり過去の物になったような…

投稿: 当麻令 | 2008/08/27 19:36

おお~。
まぁ単純にいいことだけど、メモリースティック
の容量足らないねw
HDD内臓タイプのPSPとか
そのうち出ちゃったりするのかしらんw

投稿: 凪 | 2008/08/27 18:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/42289984

この記事へのトラックバック一覧です: 新作PSPソフトのダウンロード販売開始!:

« 08月22日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | SNS人気比較 - 世界編 »