« ミクシィ、日記の著作者人格権不行使に関する条項を追加(予定) | トップページ | 1万ヒット!感謝! »

2008/03/05

著作権の話

朝の続き。
著作権て、ちょっと難しいよね。

んじゃ、新利用規約の問題の部分を抜粋して、解説を加えていきましょうか。

新利用規約(抜粋)
第18条
1.本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2.ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

著作権法では、著作権は「著作者人格権」と「著作者財産権」に分かれています。
新規約18条第1項で言ってることは、複製権(著作権法21条)、上演権・演奏権(22条)、公衆送信権等(23条)、展示権(25条)、頒布権(26条)、翻訳権・翻案権等(27条)、同一性保持権(20条)についての権利を放棄するということです。
「複製~翻訳」は「著作者財産権」に属する権利で、これは他者に譲渡できます。
最後の「改変」は同一性保持権(20条)の侵害にあたり、同一性保持権は公表権(18条)氏名表示権(19条)と共に「著作者人格権」に属する権利です。これは譲渡不可です。
新規約18条第2項についても同様で、譲渡不可なので「行使しない」という言い方になっていると思われます。

……とまあ、ここまで見れば朝に書いた通り、一方的にユーザーは著作権を主張できないような規約になるわけですが、さすがに各所で猛反発があったためか、運営サイドからは以下のような発表がされています。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

また、ユーザーが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

また、ここで言っている「改編」「複製」「送信」については

1 投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。

2 アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。

3 日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。

……だそうです。

いかにも苦しい、と思うのは私だけですかねぇ……。
しかも、依然として利用規約の条文はそのままなのも気になるところ。
なお、利用規約につきましては、今後もご利用いただくお客様にご理解いただきやすい内容になるよう引き続き検討してまいります。」と言ってますけど、今回の騒動が「誤解」であると言うのであれば、早々に条文を改訂もしくは補足を入れるのが筋だと思うのですが。

|

« ミクシィ、日記の著作者人格権不行使に関する条項を追加(予定) | トップページ | 1万ヒット!感謝! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うん、ふむふむ。
ところでエロゲーの話はどこ?w

投稿: 凪 | 2008/03/05 19:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/40384712

この記事へのトラックバック一覧です: 著作権の話:

« ミクシィ、日記の著作者人格権不行使に関する条項を追加(予定) | トップページ | 1万ヒット!感謝! »