« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月の記事

2008/03/29

桜
世の中は争覇だMHP2Gだと騒いでますが、空気を読まずに実家に帰り、なぜか来ていた姪っ子と遊んだり、公園で桜を見たりしていた私。

関東の桜はこの週末がピークな感じ。明日は花見客で道路混みそうだなあ…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/24

必殺キャベツカレー

今日はカレーで行こうと思います!
いきなり普通すぎてツマンネ、とか思ったアナタ。
今日はカレーに入れる具の話でも。

あ、さすがにカレーの作り方は解説はしないから。
小学生のキャンプでも作るくらいだから大丈夫だよね?

で、具の話だけど。
キャベツ入れたらめっさうまかった!
適当に手でちぎって放り込めばOK。
量は「ちょっと多いかも」くらいがちょうどいい感じ。
シャキシャキ感を残すのもよさそうだけど、しっかり煮込んで溶けるくらいなのがうまい。

ちなみに私は、キャベツは適当なざく切りにしてビニール袋に入れて冷凍し、ストックしておくようにしてます。肉料理なんかの日に「オイオイ、今日ちょっと繊維足りなくね?」と思ったらスープの具とか炒め物とかにして、さくっと一品加えるようにしてます。
今回も、ふとした思い付きで冷凍庫のキャベツをドサドサ放り込んだだけなんだけど、これはなかなか。

あと、隠し味に、お茶請けに用意しといて余ったかりんとうをひとつ放り込んでみた。
うまくなった気がするけど、チョコとかコーヒーとか一つまみ入れても「うまくなった気がする」程度なのと同様、よくわからなかった。コクが増すような気はする……。

さて、次回はオフ会のレポートでも。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

字幕つき動画を作る(そしてPSPで見る) その1

去年ぐらいからずっと言ってた気がする「字幕つき動画作成」ですが、ようやく簡単な方法が見つかりました。素敵ツールWinMEncに拍手!

■WinMEncを使って、いきなりDVD→字幕つき動画
従来は「DVD→リッピング→エンコード→字幕合成」、てな感じで3ステップ必要だったんですけど(そのどこかで躓くとアウトなので敷居が高かった)、WinMEncを使うと「DVD→字幕つき動画にエンコード」の一発変換でOK。
これは正直、感動した!

WinMEncはここからダウンロード。(ver.0.70b)

WinMEncの(すごく大雑把な)使い方講座
ダウンロードして解凍したファイルには実行形式がいくつかあるけど、「winmenc.exe」というのが本体なので、こいつを起動します。
こんな感じの画面が立ち上がるので、各所に必要な設定をしていきましょ。

DivXとかWMVとか、いろいろなコーデックに対応してるようですが、今回は「DVD→H.264(PSP用)」に絞って行きたいと思います。

200803241

①出力先フォルダ
2時間で400MB弱になるので、空き容量に余裕のあるドライブを指定しましょう。

②プロファイル選択
今回はPSP用のH.264動画なので「PSP」とか「AVC」とか「480x272」とか書いてある奴を選びます。
別のを選べば、XviDなども簡単に出来るのでお試しあれ。
ちなみにXviDとかのプロファイルはビットレート低いようなので、画質にこだわるならiniファイル書き換えてもう少しレートを上げたほうがいいかも。

③ソースのドライブ選択
DVDの入ってるドライブを指定しましょう。

④タイトルの選択
あまり気にしなくてOK。
たまに、外国ドラマで1話ごとにタイトルを分けているものとかあります。とりあえず、複雑な構造のDVDのときには注意しときましょう。

⑤チャプター選択
アニメやドラマなどは1話毎にエンコードしたいので、必要なチャプターを指定します。

⑥字幕の選択
これもコメンタリー用に複数用意されている場合が多いので注意。日本語字幕なら、一番上の「ja」と書いてある奴を選べば、だいたいOK。

⑦オーディオストリームの選択
洋画などは、ドルビーにDTS、吹き替えやオーディオコメンタリー等で複数トラック入ってる場合がほとんどなので、メディアプレーヤー等でどのトラックを読むか確認しましょう。
とりあえず、字幕つき洋画なら、大抵一番上の「en」と書いてある奴を選んでおけば問題ないかと。(元が日本製のアニメなどで日本語にしたい場合は、もちろんjaを選ぶのよ)

⑧出力ファイル名
好きな名前をつけてやりましょう。
デフォルトでは、ディスク名+タイトル+チャプター範囲っぽい。

⑨バッチ追加
ここまでで設定した内容でバッチ処理を追加します。
アニメやドラマなど、1枚のディスクから複数のファイルを作る場合は、ここで連続して指定しておけば、手間が省けます。
なお、一行も指定しないとエンコードできません。

⑩エンコード開始
バッチに追加された内容で、順に処理されます。
あとは待つだけ。
うちのマシン(CPU:Core2Duo E6400/Mem:3GB/OS:Vista SP2)で、だいたい2時間の映画で2時間かかるかどうかってとこでした。ちなみにマルチスレッドに対応してないらしく、CPUはコアひとつしか使ってませんでした。

さて、ここまで来ると、次は動画の結合がやりたいところ。
ニコニコ動画とかの分割動画や、2枚組のDVDなどの動画を1本にまとめてPSPで持ち歩くとか、そんな感じの。
音ズレ問題が解決したら、「その2」として記事にしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

アーサー・C・クラーク死去

世間的に、あんまりニュースになってないみたいですが……

御三家最後の一人であった、アーサー・C・クラーク氏が19日、呼吸不全で亡くなったそうです。享年90歳でした。

クラークを知らない人(まずいないと思うが)でも、クラークの3法則の三番目「十分に発達した科学は魔法と見分けがつかない」という言葉は聞いたことがあるんじゃないかな。

二十世紀を代表する偉大な作家の一人の、ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/20

ミクシィ、例の条文を修正へ

3/5のエントリで当ブログでも話題にしましたが、4月から施行すると言っていたミクシィの利用規約改定について。
19日にミクシィの運営コメントが更新されました。

どうやら、18条を含め、日記の著作権についての変更は、全面的に撤回される模様です。

問題の18条はこのような形に変更されるそうです。

1.本サービスを利用して投稿された日記等の情報の権利(著作権および著作者人格権等の周辺権利)は、創作したユーザーに帰属します。

2.弊社は、ユーザーが投稿する日記等の情報を、本サービスの円滑な提供、弊社システムの構築、改良、メンテナンスに必要な範囲内で、使用することができるものとします。

3.弊社が前項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、情報の一部又は氏名表示を省略することができるものとします。

4.弊社が第2項に定める形で日記等の情報を使用するにあたっては、ユーザーが設定している情報の公開の範囲を超える形ではこれを使用しません。

うーん、わざわざ「著作権はユーザーに帰属します」と明文化しているあたり、相当な批判があったことは想像に難くないところ。

システム運営という観点からみた場合、こういった形式のシステムでは、ユーザーが入力した日記のデータの一部をサムネイル化してRSS配信したりするのは当然の利用法なので、2項以下の条文でわかりやすく許可を取りつけているところは、きっと訴訟対策なんだろうなあ。

いずれにせよ、「意外とネット上で日記書いたりしている連中は著作権意識が高い」ということが、今回の件で伺えます。
常識的に考えたら、ユーザーに無許可で日記の書籍化なんかしたら大問題になるのは分かりきってますが、修正前の条文を素直に解釈すれば、それは「可能」だったわけで、条文の変更は当然の帰結だったと思います。

でもまあ、いくら条文がマトモになったところで、あの「お友達の間でだけ日記を回し読みする」みたいな、女子中学生的文化にはどうしても馴染めないんだけど、まあそれは個人的な意見ってことで。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/12

啓蟄

ここのところ、何だか暖かい。コートを着ていると前を開けたくなるくらい。
昨日は直帰でいつもの地下鉄の駅ではなく、JRの駅から帰ることになった。
いつもはバスに乗るところを、気候がよかったので歩くことにした。
家まではのんびり歩いて30分程度で、ちょうどいい散歩気分だ。

で。

途中で奴に出くわしました。暗がりでいきなり足元にいたので、思わず蹴っ飛ばしそうになりましたよ。
いわゆるガマ。手のひらサイズの体長から見て、ニホンヒキガエルのカップルのようでした。でっかいメスの上に、オスが頑張ってしがみついてる格好です。
近くに中学校があったので、その敷地内で生活しているのでしょう。
なお、写真はありません。暗かったのと、近くに寄ったら思いのほかグロテスクでちょっと引いたので……。

いやあ、春だなあ。

と、ここまでだと、単に都会で失われつつある季節感を味わった、ということで綺麗に終われるのですが……

翌朝、通勤途中で、車に轢かれて無残な肉片と化したヒキガエルを見つけました。
昨日のカエルを見た場所からはずいぶん離れているので別の個体でしょうが……。暖かくなってせっかく出てきたのに、ついてない奴ですな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/08

ftpとか

サイドバーいじって、カレンダーのブログパーツを変更してみました。
過去ログへのアクセスがしやすくなった筈。

さて、今日は特にネタ無いッス。
ハセキンが嬉しそうにプレイしてるので、私もマスクドシャンハイを始めようかとか思ってるくらい。ぶっちゃけ、アレはどうなん?

あ、そうそう。
FTPのアップロード専用ツールをちょちょいと作りました。
フリーウェアとして公開するので、使いたい人はどうぞ。→

というのもね、だいぶ前に開発したシステムで、夜間処理で毎月1回、FTPで連携用のCSVファイルをホストに送るタスクを仕掛けてたんですけど、ここのところ3ヶ月連続で送信失敗しやがりまして。
手を抜いて、Windows標準装備のFTPコマンド使ったバッチファイル書いて、そいつをタスクスケジューラで動かしてたんですけど、途中で切れやがるわけですよ。
でもって、このコマンドってば、うまくいったのか途中でコケたのか、ステータスを返さないもんだから、自動で再送信かけるような仕組みを作れなくて……。
頭にきたので、FTP送信プログラム書きましたよ、ええ。
Vectorとかで探したんですけど、夜間処理で動かしてキッチリとログ残すような奴は無くて。
VBで書いたんですが、全部APIで処理してるから速度と安定性は問題なし。

私がメディアプレーヤー代わりにXBOXを改造して使ってるのは昔書いたとおりですけど、コレを使うとドラッグ&ドロップでファイルを送れてとても便利。

業務用で使う場合でも、特に連絡とかくれる必要はありません。(というか、きっと業務用でしか使えない……)
まあ、家庭用では、需要はなさそうですね……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/06

1万ヒット!感謝!

知らないうちに1万ヒット。
毎日カウンターを回してくれてる皆さん、ありがとう。この暇人どもめ!

ちなみに、私がblogというものを知ったのは、Webエンジニアという職業柄、アレコレ調べてるときに「ボタン一発でホームページが更新できるツールがあるらしい」という事を開発者向けの雑誌で読んだときでした。
そもそもが情報発信のためのツールで、テーマに沿ったテキストを扱うサイトで使われているのがblogというツールだったのが、「日記HP」というジャンルがあった日本へ上陸してから主に日記専門ツールのように扱われている現状、少々不思議な気分です。

そのせいか、いまだに単なる日記を載せるのは心理的障壁を感じるので、何かネタを盛り込んだ「読み物」をアップし続けなくてはならない、とか考えてるせいで更新が滞ったりするわけで。て、なに言い訳してんだ俺。

しかしアクセス数とは正直なもので、ちと派手な見出しをつけるとポーンと上がったりするんですが、コレはアレですか、みんなRSSリーダーとか使ってるってこと?

ともあれ、これからも適度に面白い記事を書いていくよう努力しますので、よろしくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/05

著作権の話

朝の続き。
著作権て、ちょっと難しいよね。

んじゃ、新利用規約の問題の部分を抜粋して、解説を加えていきましょうか。

新利用規約(抜粋)
第18条
1.本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2.ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

著作権法では、著作権は「著作者人格権」と「著作者財産権」に分かれています。
新規約18条第1項で言ってることは、複製権(著作権法21条)、上演権・演奏権(22条)、公衆送信権等(23条)、展示権(25条)、頒布権(26条)、翻訳権・翻案権等(27条)、同一性保持権(20条)についての権利を放棄するということです。
「複製~翻訳」は「著作者財産権」に属する権利で、これは他者に譲渡できます。
最後の「改変」は同一性保持権(20条)の侵害にあたり、同一性保持権は公表権(18条)氏名表示権(19条)と共に「著作者人格権」に属する権利です。これは譲渡不可です。
新規約18条第2項についても同様で、譲渡不可なので「行使しない」という言い方になっていると思われます。

……とまあ、ここまで見れば朝に書いた通り、一方的にユーザーは著作権を主張できないような規約になるわけですが、さすがに各所で猛反発があったためか、運営サイドからは以下のような発表がされています。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。

また、ユーザーが投稿した日記等の情報(公開している自主作成の映像やイラスト、テキスト等)の使用に関しては、当社の以下対応について同意いただくもので、当社が無断で使用することではありません。

また、ここで言っている「改編」「複製」「送信」については

1 投稿された日記等の情報が、当社のサーバーに格納する際、データ形式や容量が改変されること。

2 アクセス数が多い日記等の情報については、データを複製して複数のサーバーに格納すること。

3 日記等の情報が他のユーザーによって閲覧される場合、当社のサーバーから国内外に存在するmixiユーザー(閲覧者)に向けて送信されること。

……だそうです。

いかにも苦しい、と思うのは私だけですかねぇ……。
しかも、依然として利用規約の条文はそのままなのも気になるところ。
なお、利用規約につきましては、今後もご利用いただくお客様にご理解いただきやすい内容になるよう引き続き検討してまいります。」と言ってますけど、今回の騒動が「誤解」であると言うのであれば、早々に条文を改訂もしくは補足を入れるのが筋だと思うのですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ミクシィ、日記の著作者人格権不行使に関する条項を追加(予定)

こんなニュースが。

mixi、4月より利用規約を改定、「日記情報の使用権をミクシィに許諾」条項を追加(Nikkei BP Net)

mixi嫌いな私がこのニュースに食いつかないわけないと思ってたでしょう。
はい、鋭い。

この件のポイントは『利用者が投稿した日記などの情報を、ミクシィが「無償かつ非独占的に複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変」できるようにする。』かつ『また利用者は同社に対し著作者人格権を行使しないとする条文も盛り込む。』というところ。
つまり、自分の書いた日記の内容をミクシィ社が無断で改変したうえで、氏名表示も自由にして再発信できるということ。まあ、面白い日記を集めたブログ本などで儲けようって腹なんだろうけど、この条文の使い方次第では、自分の書いた日記の内容をねじまげられた上で、自分が書いたことになったまま第三者へ伝わってしまうってこともありえるわけだ。

まあ、この利用規約改編が成立したとして、どのぐらいの日記が残るかでミクシィの利用者の自分の著作物に対しての意識の高さが伺えるというもので、興味深く見守っていきたい。
(私なら過去日記を削除して外部ブログに移動するけど)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008/03/03

AD

週末なのに更新ナッシン。静かやね、とか思ってたアナタ。
ハイ、予想通りです。アレやってますた……。

というわけで、ここから未プレイの人に差し支えない範囲で感想。

まず、冒頭から貴明が壊れ気味。ちょっと性格変わった?
ライターは前作と同じ人なので、これはあえて狙っているんだろうか。
そういえば、このみも別人のようです。(というか、PS2版の頃に比べて、ゆりしーの声が高すぎる……。XRATEDの追加録音部分でも同じこと思ったけども)

貴明がエッチな夢を見てパンツを汚すという最悪な展開からスタート。というか、このみのお母さんが飛ばしてます。もしかして今回は春夏さんルートが……!?
つまり、小○生から熟女まで!? なんてけしからんゲームなんだ!

OPムービーは、前作と同じ歌を別の人が歌ってます。「上原れな」って誰ちゃん?
内容はギャグで固めたセルフパロディのオンパレード。ニコニコあたりに上がってると思うから見ておくれ。
さあ、このへんで気づきますた。あ、そうか、今回はそういう路線なんだ!

その後も、絶妙にギャグ全開のままシナリオは進みます。
たとえば、まーりゃん先輩、衝撃の登場とか。
「今年度1位を根に持ったリサに騙されてロシアへ」とかサラリと言い放つし。
まーりゃん先輩、ナスティボーイに勝ったのか。スゲェ。

さて、さすがに個別ルートに入るとシリアスになりますた。
とりあえず1回目終了。
語尾がチョット変なメイドロロボ三女ですた。きっと、コレをやるちょい前までメタルギアソリッド3をやってたからに違いない。

Th2ad_2

↑問題のメイドロボ三女
「大佐、河野家に潜入した。指示をくれ」

さすがにシリーズ3作目ともなると、堅固な世界観が構築されているようで。
シルファのシナリオは「人間とメイドロボの恋愛は成立するのか」という、このシリーズ独特のものでした。
1作目のマルチのシナリオは「人間とロボットの恋」という、割と一般的なものだったのに対して、今回は踏み込んでメイドロボ。
「ご主人様登録」というガジェットを上手く使った秀逸なシナリオ、と言ってよいのではないでしょうか!

さて、シナリオ的には、展開だけ追うと1作目のマルチの話に似ています。
つまり、一行で書くと
「ちょっとアレなメイドロボがうちにやってきた!→ヒャッホウ→XXX→お別れですご主人様→そして伝説へ」
こう書くと、今風な異類婚姻譚と呼べなくも無い。最後に異界(来栖川エレクトロニクスの研究所)に帰っちゃうとことか。
そういえば、このメイドロボ3姉妹を「散文のエッダ」に出てくるノルン3姉妹になぞらえると、色々と深読みができそうな気もする。過去の一件から貴明に迫る次女とか。三女はおさげ髪だってWikipediaに載ってたし。←そこかよ

うう、何が言いたかったんだろう、今日の記事は……
つまり段ボール萌え?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »