« どこかで聞いたような | トップページ | PC新調計画 »

2006/12/10

硫黄島からの手紙

本日は実家に帰っております。でも携帯から更新できて素敵。

さて。
『硫黄島からの手紙』観てきましたよ。

邦画で「太平洋戦争」「玉砕」などというテーマの映画の場合、戦争そのもの、または玉砕という行為が美化されて描かれがちである。
それは「あの戦争には意味があった」「少なくとも、兵隊の死には意味があった」という、日本人の多くが心の底で信じたがっている事をテーマにしているからだと思う。
だけど、この映画は監督クリント・イーストウッド、製作スティーブン・スピルバーグのハリウッド映画。
戦争賛美もなければ、玉砕した兵達を英雄視することもない。ただありのままに戦争の現実を積み重ねてゆく。
作中で栗林中将(渡辺謙)は「日本人が1日でも長く生き延びられるなら、我々がここで稼ぐ1日には意味がある」と言って大義を肯定する一方で、「家族のためにこの島で死ぬまで戦うと決めたのに、家族がいるからこそ生きて帰りたいとも思う」と心中を吐露する。その姿は、とても人間的だ。
監督はこの映画を「家族の絆を描いた映画」と言っている。
タイトル通り、物語を構成するのは硫黄島で散った男達が家族に向けて書いた手紙の数々。歴史を知るだけに、ただただ胸に痛い。

2時間半と少々長いが、見る価値は十分あると思う。
来年公開される、都知事が書いた特攻隊の映画(奴の事だし、ナショナリズムたっぷりと予想)とこの映画を比較してアレコレ言うのが、今から楽しみで仕方ない(笑)

|

« どこかで聞いたような | トップページ | PC新調計画 »

映画」カテゴリの記事

コメント

私もこれ、観たいんですよ~。
早く自由の身にならねば(うはw

投稿: 長谷川均 | 2006/12/13 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/13002950

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄島からの手紙:

« どこかで聞いたような | トップページ | PC新調計画 »