« 狩人装備研究 | トップページ | 日米スーパーヒーローよもやま話 »

2006/08/18

時をかける少女

イヤハー!
超ひさしぶりッス!
もうこんだけ空いちゃうと日記じゃないね。月記?隔月・・・?
・・・えろうすんません。

心を入れ替えて、今週からしばらくちゃんと書くよ!
とりあえず。

で、タイトルですが。
行ってきましたテアトル新宿。平日の昼間から環七ぶっとばして新宿。(夏休みです。サボリじゃないです)
つうかこの広い東京で、昼間はココでしかやってない映画って何さ。小劇場系ならともかく天下の角川ヘラルドですよ。くあー!(意味もなく絶叫)

つうかね。俺、この夏、アニメの映画見るの3本目なわけね。
・ブレイブストーリー → 濃い原作がお子様向け映画に変貌
・ゲド戦記 → 近年まれに見る超駄作
まあブレイブストーリーは、不覚にもおじさん、ちょっとジワっときちゃったりしたけどね。
ゲド戦記は、そりゃあもう凄いデキだったわけで。
この「時かけ」も、アニメ映画ってだけでちょいと身構えたりなんかしちゃったりしてね。
まあ、それは見てみればわかるはず。前評判はいいみたいだし。

・・・というわけでテアトル新宿。駐車場は無いから、紀伊国屋の裏のサブナードの公営駐車場につっこむ。
着いてみると、なんかね、入場制限とかやってるんだけど、最近のハイテクな映画館みたいに指定席とかじゃないわけね。
だもんで、席取りは結構命かかるね、コレは。次からは気をつけよう。
まあ、今回は割とよさげな場所を取れました。やや端っこだけど。
パンフレットはツレのセバスちゃんに、自分ののついでに買ってきていただく。
立ってる者は大家でも使えと言うもんね。
あ、そろそろ始まるね。

ブー。(上映開始)

・・・。
おお!?
・・・。
ぶはははは!
・・・。
おお・・・。
・・・・・・。
(じわー)
ぱちぱちぱち。

ブー。(上映終了)

いやなんつうかもうね。いい映画でした。
主人公の真琴ちゃんが馬鹿で可愛いっていうか、めっさ元気でね。
そこに兄ちゃん二人絡んでドリカム構成ってのは、筒井原作と同じなんだけどね。
キャラが21世紀ぽくて、でもどこか懐かしくて。
今回は完全新作ストーリーだったけど、骨子の部分は筒井原作をちゃんと受け継いでた。
原作が書かれたのは40年も前だって言うけど、青春の悩みとか葛藤とかって、不滅のテーマなんだと実感。
いやあ、面白かった。面白いだけじゃなく、ちゃんと残るものがあった。
最近ハズレ映画ばっかりだったけど、これは素直に人に進められるね。(見に行くの大変だけど)

・・・さて、明日はスーパーマンですよ?w

|

« 狩人装備研究 | トップページ | 日米スーパーヒーローよもやま話 »

映画」カテゴリの記事

コメント

トキカケですか。
いいなぁ、観に行きたいけど、もうしばらくは無理かな。
スーパーマンもTVCMとかを見る限りでは面白そう。そんなことを言いながらも、いつも観に行かないのですけどね (笑)

あちらのヒーローは大人の人が多いですね。
スパイダーマン然り、Xメン然り、そしてスーパーマン然り。
なにか理由があるのを聞いた気がしますが忘れました。。。

投稿: ゆう | 2006/08/21 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24059/11499534

この記事へのトラックバック一覧です: 時をかける少女:

« 狩人装備研究 | トップページ | 日米スーパーヒーローよもやま話 »