« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月の記事

2005/11/27

PSP活用法

今日はPSPについて。

うっかり買ったはいいが、まるで期待外れなハード、それがPSP。だってろくなゲーム出ないし。今の所、ギレンの野望専用機として渋い活躍をしているものの、どう見ても負け組確定な気配である。

だかしかし。

ソニー様が、2GBのメモステを発売したのである。今までのショボイ容量では試す気にすらならなかった例の機能を使う時が、いよいよやってきちゃったりするのである。

…というわけで、PSP様の携帯ビデオプレーヤとしての実力を、ちょっくら拝見してみる事にする。

まずはMPEG4のファイルを作成。サイズを抑えるため、解像度はQVGAでエンコードした。このへんはググればいくらでも情報が見つかるので詳しい説明は省くけど、出来上がったファイルを置く時、メモステのディレクトリ構成を間違えたり、ファイル名の付け方をしくじると認識しないので注意ですよ。
ちなみに大量のファイルを手作業でリネームしてると死んじゃうので、エクセルと秀丸を駆使してリネームバッチを書いたけど、今後の事を考えると適当にファイル名変換ツールとか組んだほうがよさげ。どうせ10行くらいのコードだろうし。

というわけで、出来上がったファイルをPSPで鑑賞ですよ。
…ふーむ。予想以上に綺麗じゃないの。高精細な液晶のおかげか、普段使っているiriverの動画プレーヤよりも綺麗。デコードをハードウェアで行っているせいか、動作も軽快である。ハードディスクを使っていないため、連続稼働時間も長いようだし。(稼働時間については、UMDビデオに対してもアドバンテージたりえそうだ)
ただし、ファイルサイズが思ったより大きく、30分のアニメで150MBくらいになってしまった。何十ギガもハードディスクを積んでるのならともかく、最大2GBな現状では大きすぎる。(メモステの仕様では、将来的にはもっと大容量化出来るらしいけど)

というわけで、次はMPEG4 AVCで同じソースを圧縮してみることにする。これは、ハイビジョンデジタルに採用された関係で最近注目されてきたコーデックで、H.264とも呼ばれる。低ビットレートでは同じビットレートのMPEG2より画質がいいと評判で、ファイルサイズを抑えつつ画質をキープしたい時には最適だ。PSPは、これに対応したデコーダをハードウェア的に実装しているのだ。

というわけで早速トライ。…結果、驚くべき数字となった。
さきほどと同じソースを同じくらいの画質でエンコードしたところ、なんとファイルサイズが半分程度まで小さくなったのだ。実際に見ても、画質の差は体感できるレベルではなかった。
2GBのメモステを使えば9時間近く入るわけで、実用性という点では申し分ない。

というわけで、PSPを買ったけど微妙に後悔してるアナタとかアナタ。まだまだコイツは役に立ちそうですぜ(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/23

スタイラス

ごきげんよう。

今日はスタイラスを自作してみた。

というのも、私はちっこいiPAQを愛用しているのだけれど、出張先のホテルにスタイラスを忘れてきてしまったのだ。
スタイラスくらい、秋葉原に行けば買えるだろうと思っていたのだが、これが大間違い。スタイラスどころか、PDAの売り場が既にありません…
というか、もはやZaurusくらいしか売ってな模様。それにしたって、てのひらサイズのLinuxマシンとして売れているだけで、PDAとして評価されているわけではなさそう。

PDAの時代は既に終わったのかなあ。これからは、より高機能化した携帯電話がPDAが担ってた仕事を肩代わりしていくのかもしれない。

それはさておき。

当方としては、スケジュール管理に重宝していたので、これが使えなくなると大打撃である。
しかしながら、スタイラスがないと文字入力がほぼ不可能。なんとかして代替品を用意しなくてはならない。
…というわけで、やってきました東急ハンズ。
ハウジング部用に、現物合わせでサイズの合う銅パイプと真鍮パイプをチョイス。芯にあたる部分には、オレンジ色のアクリル棒を選択した。
色合い的にはアルミでいきたいところだったが、アルミパイプは強度がないため、どうしても肉厚になってしまい、芯が細くなってしまうため、真鍮にした。
家に帰って、のこぎりでぶった切って、ヤスリをかけて組み合わせるとできあがり。
思ったより雑な仕上がりになってしまったので、暇のある時に、モーターツールとハンダ付けでカッチリしたのを作るとして、今日のところはこれで満足しとくことにする。

しかしまあ、スタイラスも買えないとは、不便な世の中になったなあ…dvc00076_m.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/11/22

ヘッドホン

お久しぶりでございます
だが言い訳とかはしない! だってめんどくさいから!

さて。

世の中には2種類の人間がいる。
ミミクソがネッチョリな奴とコナコナな奴だ。

でもって、ネッチョリな耳の事を『ネコ耳』と言う。
ちなみに筆者はネコ耳ですが何か。

念のため繰り返すが、耳の奥の話である。外側の話ではありません。

閑話休題。
最近、MP3プレーヤのヘッドホンを買い替えた。
いままで使っていた奴に何か不満があったわけではないんだけど。標準よりやや小振りなSONYのインナーイヤータイプで、音質は上々。コードも布巻きで絡みにくく、お気に入りであった。
ただ、通勤時の地下鉄では音量を上げないと聞こえにくく、音量を上げると周囲に迷惑というアンビバレンツな悩みを抱えていたわけだが、まあそんなもんだと考えていた。

しかーし。
いつもつるんでいる会社の上司(HDDウォークマンユーザー)が、最近ヘッドホンを買い替えたわけだが、それがなんと1万もする代物。シュアという会社のカナル型で、遮音性能がズバ抜けているという。
ちなみに、カナル型というのは、耳の穴に突っ込むシリコンの笠風なカッコの耳栓みたいなヘッドホンである。初めて知りました。
興味が沸いたのでちょいと調べてみると、結構いろんなヘッドホンがあるとわかった。中でも遮音性が高いのは、イヤーウィスパーのようなグンニャリした耳栓型のインタフェースを持つタイプらしい。

早速、オーディオテクニカのカナル型と、KOSSの耳栓型を購入。
オーディオテクニカのは無難な感じで、金属製のハウジングのおかげか、高音部のキレがよく、割と好みの音質。遮音性もまずまずで、地下鉄でもいつもと同じ音量でもよく聞こえるし、音漏れも少ない感じ。

問題は耳栓型で、KOSSのSPARK PLUGという奴なんだが、これがいろんな意味で凄い。
まず、音質がイマイチ。というか、かなりヒドイ。低音が強くて高音が弱く、全域を低音がマスクしてる感じで、こもりまくり。
しかしながら驚きの遮音性能を発揮していて、地下鉄のレールノイズすら全く拾わない。よって、いつもの半分くらいの音量でもしっかり聞こえてしまうわけである。
どうやらこのヘッドホン、ファンが多いらしく、2ちゃんねるで改造スレが立つような、一風変わった愛され方をしているらしい。
耳栓部をイヤーウィスパーに換えたり、ハウジング内部にティッシュ詰めたり、様々なノウハウがあるらしい。
ていうか、ヘッドホンの改造という概念にカルチャーショックですよ。思わず、秋葉原のラジオ会館に、ギボシカバー買いに行っちゃったくらいですよ。

というわけで、しばらくノーマルで使ってから、キボシ改造にチャレンジしてみる所存。続報を待て。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »